QUICK MENU
  • LOGIN
  • 한국어
  • English
  • 中文
  • SITEMAP
  • facebook
  • instagram
  • youtube

センターの紹介

センターの紹介

高麗大学国際語学院の韓国語センターは、世界でますます活躍する韓国の歩みに合わせ、韓国語と韓国の文化を世界に広く知らせようという趣旨のもと、1986年3月1日に設立された韓国語・韓国文化専門教育機関です。これまで、韓国語や韓国社会、そして韓国固有の文化を学ぼうとする外国人や海外同胞約90,000人が韓国語センターの研修プログラムに参加し、現在も毎年約 10,000人が韓国語と韓国文化の研修に参加しています。

韓国語センターは学習者の多様なニーズに応える体系的な教育課程、韓国語教育を専攻した優秀な教授陣、韓国語の特性を反映した教材、効果的かつ現代的な教授法、情感溢れる授業の雰囲気が、研修に参加した学生の間で評価され、その名声が世界各国に広く知られています。

韓国語センターは2000年紀を迎え、言語教育に必要な最先端の教育環境とマルチメディア施設を完備し、より効率的な教育方法および教材開発へのたゆまぬ努力で、名実共に韓国語教育の先駆者としての役目を多いに果たしています。また韓国語センターは世界各国からの外国人と海外同胞が韓国語と韓国文化を楽しく学べるよう最善の努力を尽くしています。

センターの紹介
生きた韓国語教育 学習者の上逹の段階に合わせた体系的な教育課程と韓国語教育機関としての経験、専門知識を土台に自主開発した教材を活用して生きた韓国語教育を行う。また、学習者のレベルと要求に合わせて聞く、話す、読む、書くなどの言語技術を適切に統合、分離し、教育課程に適用することで教育効果の最大化を図っている。また、多様な国籍と目的を持った学習者のニーズに応える教科課程を開設している。
最先端の教育環境と
マルチメディア施設
すべての講義が韓国語教育専用の小講義室で行われており、大型スクリーン装備の映像講義室、コンピューター講義室、中·大型講堂を通じて多様な学習の機会が与えられている。
専門の韓国語教師 韓国語センターの講師陣は言語教育全般に関する理論と韓国語の特性を研究し、実際の教育現場の特性を考慮して教育方法の開発・適用を行っている韓国語の教育専門家である。
「見て」「触れて」
体験する韓国文化
韓国語センターは教室で学ぶ韓国語のみならず、実際の韓国生活を理解し感じることができるように多様な文化体験プログラムを提供し、学生たちの言語と文化への学習欲求と期待に応じている。伝統芸術公演の観覧、陶磁器製作の実習、テコンドー· 書道· サムルノリなどの講習を通じて韓国の過去と現在、未来が理解できる機会を設けている。また高麗大学学生の留学生支援ボランティアであるトウミ(チューター、支援学生)とサークルとの連携を通じて、多様かつ有意義な韓国生活が体験できる。

	韓国語センターの建物